貧血

どんな病気ですか?

血液は体中を流れ、体のすみずみの細胞にまで栄養分や酸素などを運んでいます。血液中には、肺の中の酸素を全身に届ける赤血球、病気を引き起こす細菌から体を守る白血球、出血すると傷口をふさぐ血小板などが含まれています。赤血球の中にあるヘモグロビンは、全身に酸素を運ぶ役割をしていますが、このヘモグロビンや赤血球が少なくなった状態を貧血といいます。

ここでは、よくある貧血の原因について、説明しましょう。

●鉄欠乏性貧血
赤血球は酸素を運ぶ役割を持つ細胞で、細胞の中にヘモグロビンというタンパク質が存在します。このヘモグロビンを作るには、鉄が不可欠です。鉄欠乏性貧血は、鉄不足が原因で起こる貧血です。。食事からの鉄分補給が不十分な場合に起こることもありますが、多くの場合、出血が原因です。例えば、男性の場合、消化管(胃潰瘍・胃癌・大腸癌・痔など)からの出血が原因であることが多く、女性の場合、生理や、子宮筋腫などでも鉄分不足となります。そのほか、胃切除による吸収障害や過剰なダイエット、成長、妊娠に伴う相対的な鉄分不足でも起こります。

 

●症候性貧血
リウマチ性関節炎や結核などの患者さんに見られ、病気が回復することで貧血も改善されます。

 

●巨赤芽球性貧血
アルコール中毒、萎縮性胃炎、胃を切除した場合、ビタミンB12や葉酸が欠乏するため起こります。

 

●溶血性貧血
何かの理由で、赤血球の破壊が進行し発症します。症状が進むと、黄疸や胆石などの症状が現れることもあります。

 

●再生不良性貧血
骨髄の機能が失われ、血液をつくることができなくなるため、白血球や血小板も減っていきます。

 

●その他の血液疾患に伴う貧血
骨髄に悪性疾患(白血病や多発性骨髄腫等)が発生し、貧血になることがあります。この場合、原因となる病気を治さなければ貧血も改善されません。

 

どんな症状ですか?

貧血になると、顔色が悪くなる、ちょっと動いただけでも動悸や息切れがする、体がだるく疲れやすい、力が入らない等の症状が出ます。重度の貧血になると息切れ、心不全にいたることもあります。
但し、急に立ち上がった時などに起こる立ち眩み(ふらつき、目眩)は、貧血とは異なります。

どんな検査を受けると分かりますか?

血液検査で、白血球、血小板、赤血球の数、ヘモグロビンの量、ヘマトクリット値(血液中に占める赤血球の容積の割合)血清鉄、フェリチンなどを調べて、貧血の状態と原因を探ります。必要に応じて消化管検査、婦人科検査もいたします。もし、骨髄の病気が原因と疑われる場合には、*1骨髄穿刺という検査をします。

*1骨髄穿刺とは?

前胸部(胸の正面にある胸骨)あるいは腰部の骨(腰の横にある腸骨)から骨髄液を取る方法です。採取する場所を局所麻酔し、骨に小さな穴を開けます。そこに注射針を刺して骨髄を採取します。一般的に採取する骨髄液は数mlです。

どんな治療法があるのですか?

原因に合わせた様々な治療法があります。薬剤等での回復が期待できなかったり、症状がひどい場合は*2輸血を行います。

*2輸血とは?

輸血には、赤血球輸血と血小板輸血の二種類があり、貧血の場合は赤血球輸血が行われます。輸血には安全確保とリスクの予防が必要であるため、患者と輸血用血液とが反応しないことを事前に確認した上で行われます。最近は輸血後の副作用や合併症を予防するために、製剤を照射したものが使われています。また、肝炎ウィルスについても事前に検査され、感染のないものが使われています。

鉄欠乏性貧血の場合、出血の原因がある場合、それを治療し、その後鉄剤を内服します。場合によっては、注射や点滴を投与することもあります。一般的には、鉄剤を内服してから2〜3週間で変化がみられます。但し、貧血が改善してからも約6ヶ月間は鉄剤の服用を続けることが奨められています。

巨赤芽球性貧血は、葉酸の不足が原因と考えられており、一般的には、しっかりとした食事をとることで症状の改善が期待できます。但し、ビタミンB12欠乏の場合、ビタミンB12を注射して補う必要があります。胃を切除した事が原因である場合、この注射を継続する必要があります。

溶血性貧血・症候性貧血の場合、輸血が難しい場合が多く、早急にその原因をつきとめて治療を開始しなければなりません。

再生不良性貧血の場合、専門医での治療が必要となります。それまでの間、症状を改善させるため、輸血を行う必要があります。

その他の血液疾患に伴う貧血の場合、病気の原因をつきとめ、その治療を開始することを最優先します。白血病の場合、抗癌剤治療が必要となります。この治療を開始すると貧血の症状が悪化するため、輸血が必要となります。

予防方法はあるのですか?

バランスの良い食事から必要な栄養素を取ることは重要ですが、貧血を予防するためには、これにプラスして、日々失われる鉄分を食事からしっかりと吸収することが大切です。特に月経のある女性は、鉄欠乏性貧血になりやすいため、もし食事で補えない場合、鉄剤を服用する必要があります。
貧血は、努力したからといって予防できるものではありません。もし貧血のサインが出たら、早期に医療機関で検査を受け、原因を明確にして適切な治療を受けることが大切です。

 

ご案内

3Sメディカルクリニック 外来Tel:03-6659-6680

時間
午前 ×
午後 ×

【予約電話受付時間】
月曜日~金曜日
8:00~16:30
外来は予約制です


【診察時間】
午前11:00~12:30
午後13:30~16:00
   (受付15:45まで)
金曜午前はレディースデー
男性はご案内できません


【休診日】
土曜日・日曜日・祝日


【診療科目】
内科


【所在地】
〒130-0022
東京都墨田区江東橋2-19-7
富士ソフトビル2F


【アクセス】map

錦糸町 内科

 

錦糸町 内科

 

錦糸町 内科

 

錦糸町 内科

 

文字の大きさの選択

錦糸町 内科

CTside

携帯はこちらから

錦糸町 内科
Copyright© 2014 3sメディカルクリニック All Rights Reserved.