高血圧

どんな病気ですか?

心臓から送り出された血液が、動脈の壁に与えている圧力を血圧といいます。心臓が収縮した際の血圧を収縮期血圧、心臓が拡張した際の血圧を拡張期血圧といいます。
血圧には心臓から送り出される血液の量、圧力、末梢血管の抵抗、動脈壁の弾性力などが影響します。世界的にも日本でも高血圧の基準は140/90mmHg以上であり、収縮期、拡張期とも基準を下回っているときに正常域といいます。

日本高血圧学会の血圧分類
(世界共通の血圧分類)

収縮期血圧
(mmHg)

 

拡張期血圧
(mmHg)

正常域血圧

至適血圧

<120

かつ

<80

正常血圧

120-129

かつ/または

80-84

正常高値血圧

130-139

かつ/または

85-89

高血圧

Ⅰ度高血圧

140-159

かつ/または

90-99

Ⅱ度高血圧

160-179

かつ/または

100-109

Ⅲ度高血圧

≧180

かつ/または

≧110

(孤立性)収縮期高血圧

≧140

かつ

<90

日本高血圧学会

高血圧には、本態性高血圧(全体のおよそ90%)と、ホルモンや腎臓などの異常が原因の二次性高血圧があります。

どんな症状ですか?

高血圧には自覚症状がほとんどありません。健康診断や、他の病気で受診して血圧を測定した時にみつかることがほとんどです。しかし、高血圧の状態が続くと、頭痛・頭重感・顔のほてり・吐き気などを感じたり、血圧が非常に高くなると動悸や呼吸困難がみられることがあります。
しかし、血圧は常に変動しており、ほんの小さなきっかけで高くなったり低くなったりします。特に、緊張している時や、運動後、体調不良の時などでは血圧が高くなります。中には病院で測定すると非常に血圧が高くなる人がいて、これは白衣高血圧とよばれています。病院の白衣に反応して緊張が高まり、血圧が非常に高くなると考えられているためです。

どんな検査を受けると分かりますか?

血圧を測定すれば分かります。高血圧の基準は、最高血圧(収縮期血圧:高い方の数値)が140mmHg以上、または最低血圧(拡張期血圧:低い方の数値)が90mmHg以上です。
しかし、家庭で測定した場合と病院で測定した場合では、家庭で測定する方が低いことが多いため、家庭で測定した場合の高血圧の基準は、最高血圧が135mmHg以上、最低血圧が80mmHg以上となっています。高血圧の診断は、一般的には病院での測定結果だけではなく、家庭での測定時やいろいろな時の血圧値を平均して行われます。少し特別な測定方法として、小さな自動血圧計を身体に付けて24時間連続(15~30分間隔)で血圧を測定することによって、より正確に高血圧の診断をすることもあります。
高血圧の状態が長い間続くと、動脈、心臓、腎臓などに影響が出てきますので、尿検査、血液検査、心電図、胸部レントゲン写真、眼底検査などを行うことがあります。さらに詳しく調べるために、運動負荷心電図、心臓超音波検査、腹部CT検査などを行うこともあります。

どんな治療法があるの?

一般的にみると、高血圧の治療の目標は血圧を正常範囲(最高血圧140mmHg未満、かつ最低血圧90mmHg未満)にすることですが、若年者や他に病気を持っている人ではさらに血圧を下げる必要があります。具体的には大きく2つ、①生活習慣の改善(次の<予防>を参照)と②薬物療法があります。二次性高血圧では、その原因に応じて手術などの特別な治療を行うことがあります。

高血圧のお薬はたくさんあり、いくつかのお薬を組み合わせて使うこともあります。ほとんどの場合は1日1~2回の内服で、確実な効果が得られます。現在では副作用も重篤なものはほとんどなく、軽い場合はお薬の種類を変えることで対応できます。また、次にあげるような生活習慣の改善を行い、定期的に医師の診察を受け、指示通りにきちんと治療を続けていれば、薬をやめることができるケースもあります。
血圧の薬は長期間にわたって服用しなければならない場合が多いため「一生飲み続けるのはいやだ」という人もいます。しかし高血圧の薬は飲んでいる間は効果があるのですが、途中でいきなりやめてしまうと必ず再発します。高血圧は病気になるまでも長い時間がかかりますが、一度高くなった血圧を下げて安定させるのにも時間がかかるのです。
至適血圧を超えて血圧が高くなるほど脳卒中や心筋梗塞などの心血管病が発症しやすいことが知られています。また、高血圧を治療することによって心血管病の発症が減ることも確認されています。

予防法はあるのですか?

最も重要なことは、生活習慣の改善です。いずれも、短期間でなく、長く続けることが必要です。    

●食事

○塩分制限:日本人の食塩摂取量は世界的にみても多く、1日13g程度です。高血圧の予防・治療のためには、1日7g程度まで減らすことが必要です。日本人の嗜好に合った食品である醤油、ソース、味噌には塩分が多いため、これらを加工した味噌汁、麺類、漬物、加工食品などに塩分が多く含まれています。これらの食事を控えることで、塩分の摂取量を減らすことができます。酢やしょうが・からし・わさびなどの香辛料には塩分が含まれていませんので、これらを上手に取り入れましょう。

○カロリー制限:肥満も高血圧の最大の原因になります。標準体重が基準になります。

標準体重(kg)=身長(メートル)×身長(メートル)×22

標準体重を超えている場合、標準体重を目指して減量します。まずは、1日の運動量が日常生活程度であれば摂取カロリーを標準体重×25(kcal)に制限し、肉体労働などかなりの運動をする人では標準体重×30が目安です。

○アルコール制限:アルコールは血圧を高くします。1日の飲酒量は日本酒なら1合、ビールなら中瓶1本以下が目安です。

 

●運動
運動すると血圧が高くなると思いがちですが、必ずしもそうではありません。全身を無理なく動かし、大量の酸素を身体に取り込む有酸素運動は、逆に身体の状態を整え、血圧を下げる効果があります。ウォーキング(早足での散歩)、サイクリング、水泳などは有酸素運動の代表です。ただし、心臓などの病気がある人は、必ず医師と相談してから行ってください。

 

●その他
ストレス、睡眠不足、不規則な生活も、血圧を高くします。規則正しい生活、ぬるめのお風呂にゆっくりつかる、ぐっすりと良い睡眠を得ることが必要です。ストレスを避けることは難しい場合は、スポーツや趣味に打ち込むことで上手くリフレッシュすると良いでしょう。また、タバコは心臓病や脳卒中のリスクが高くなるため、禁煙をおすすめします。

 

●自分の血圧値を知る
自覚症状が治まっても血圧の高い状態は続いていることが多いため、時々は実際に血圧を測定してみることが大切です。さらに血圧は加齢に伴い高くなる傾向がありますので、これまで正常範囲だった人でも、定期的に血圧を測定しましょう。

ご案内

3Sメディカルクリニック 外来Tel:03-6659-6680

時間
午前 ×
午後 ×

【予約電話受付時間】
月曜日~金曜日
8:00~16:30
外来は予約制です


【診察時間】
午前11:00~12:30
午後13:30~16:00
   (受付15:45まで)
金曜午前はレディースデー
男性はご案内できません


【休診日】
土曜日・日曜日・祝日


【診療科目】
内科


【所在地】
〒130-0022
東京都墨田区江東橋2-19-7
富士ソフトビル2F


【アクセス】map

錦糸町 内科

 

錦糸町 内科

 

錦糸町 内科

 

錦糸町 内科

 

文字の大きさの選択

錦糸町 内科

CTside

携帯はこちらから

錦糸町 内科
Copyright© 2014 3sメディカルクリニック All Rights Reserved.