メタボリック症候群

どんな病気ですか?

最近新聞やテレビでメタボリックシンドロームという言葉を良く聞きませんか?心筋梗塞や脳血管障害の危険因子は色々言われていましたが、それぞれの危険因子が重症でなくても幾つかの危険因子が重なると動脈硬化による心筋梗塞や糖尿病を発症する確率が高くなることが分かってきました。2005年に日本動脈硬化学会、循環器学会、高血圧学会、肥満学会、糖尿病学会、腎臓学会、血栓止血学会、内科学会の8つの学会が合同して日本人にあった基準をまとめて提唱したものがメタボリックシンドローム=内臓脂肪型肥満です。共通の要因として高血糖、脂質異常、高血圧が引き起こされる状態で、それぞれが重複した場合は命にかかわる病気を招くこともあります。ただし、食べ過ぎや運動不足など、悪い生活習慣の積み重ねが原因となって起こるため、生活習慣の改善によって、予防・改善できます。この基準に合致する人は心筋梗塞などの心血管の病気を発症する確率が約3倍増加し、糖尿病になるリスクは5~10倍高くなるといわれています。日本人では男性で30~40%、女性で10%前後がこの基準に当てはまります。この人たちに自覚を促し生活習慣の改善を指導し、生活習慣病の予防を進めようというものです。

どんな症状ですか?

メタボリック症候群自体には症状はなく、肥満を自覚するぐらいです。症状が少ないので油断することが多いのです。

どんな検査を受けると分かりますか?

メタボリックシンドロームの診断基準は次のようになっています。

①内臓脂肪の評価:ウエスト周囲径男性85cm以上 女性90cm以上

ウエスト周囲径とはズボンのウエストではなくてお腹周りの最も太いところをいいます。立った状態で息を吐いたときのおへその周りを測ったものです。これは内臓脂肪の蓄積を表しています。
本来内臓脂肪は腹部CTをとって計測しますが、簡単にはできないのでウエスト周囲で代用します。この基準は内臓脂肪量が100cm2以上と同等と考えられています
肥満には皮下脂肪蓄積型と内臓脂肪蓄積型があり、前者は洋ナシ型の肥満、後者はりんご型の肥満になります。内臓脂肪が蓄積するとアデイポネクチンという物質が低下し、動脈硬化や糖尿病になりやすくなります。

ウエスト周囲径に加えて②、③、④のうちの2個以上が当てはまる場合をメタボリックシンドロームといいます。

 

②血圧 最高血圧130mmHg以上または最低血圧85mmHg以上、あるいは両方
血圧は健常人では収縮期が140以下、拡張期が90以下を正常値としています。メタボリックシンドロームでは正常範囲ですが少し高めの血圧でも診断基準に入ります。肥満の人は正常高値でも心血管イベントの危険率が高いからです。血圧は120/80を目標にして下さい。

 

③中性脂肪150mg/dl以上あるいはHDLコレステロール40mg/dl未満
高脂血症に関しても中性脂肪は正常上限が150mg/dlで、善玉コレステロール(HDLC)は多いほうが良くて正常下限が40mg/dl程度です。ですから正常値を少しでも越えればメタボリックシンドロームに入ってしまいます。

 

④空腹時血糖110mg/dl以上
空腹時血糖も正常上限は110mg/dl程度で、糖尿病の診断基準より低めの数値になっておりますので、これも正常を少しでも越えればメタボリックシンドロームに入ってしまいます。

 

以上のように今までそれぞれの値で投薬などの積極的な治療をしないで生活習慣の改善で様子を見ていた軽症の危険因子ですが、それが幾つか合わさることで危険な状態に陥るという警告を与えているのがメタボリックシンドロームだといえます。

どんな治療法があるのですか?

メタボリックシンドロームと診断された人は食事療法と運動療法をしっかり行って早くメタボリックシンドロームと言われないようにしましょう。食事療法の注意は脂肪摂取量を30%に収め、1000kcalあたり15gの植物繊維を摂取することです。また運動は毎日30分以上週4時間以上の運動を心がけましょう。体重は5%下げることが目標です。

 

ご案内

3Sメディカルクリニック 外来Tel:03-6659-6680

時間
午前 ×
午後 ×

【予約電話受付時間】
月曜日~金曜日
8:00~16:30
外来は予約制です


【診察時間】
午前11:00~12:30
午後13:30~16:00
   (受付15:45まで)
金曜午前はレディースデー
男性はご案内できません


【休診日】
土曜日・日曜日・祝日


【診療科目】
内科


【所在地】
〒130-0022
東京都墨田区江東橋2-19-7
富士ソフトビル2F


【アクセス】map

錦糸町 内科

 

錦糸町 内科

 

錦糸町 内科

 

錦糸町 内科

 

文字の大きさの選択

錦糸町 内科

CTside

携帯はこちらから

錦糸町 内科
Copyright© 2014 3sメディカルクリニック All Rights Reserved.